読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販で大人気!?ヴィクトル・エミール・フランクルの通販が激安価格っ♪

格安
生きる意味を考えるとき、バイブルとしてオススメです。中学生にも読めるわかりやすい文章だったようです。人間としての尊厳を奪われ!凄惨な極限状態!絶望の世界が淡々と綴られている。

こちらになります!

2017年03月11日 ランキング上位商品↑

ヴィクトル・エミール・フランクル夜と霧新版 [ ヴィクトル・エミール・フランクル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

人の生きる力ってすごいんだなぁ、って思いました。NHK番組のテキストの方はコンパクトな解説書なのですぐに読むことができましたが!さぁ本編が読めるか読書家でない私にはハードル高そうです。内容も、誇張がなく謙虚であり、現在のあらゆる「施設」と呼ばれているところに勤務し、人にかかわる「こと」(しごと)をしている人は、一度読んでみるとよいでしょう。人間とはガス室を発明した存在だ!しかし同時に!ガス室に入っても毅然として祈りの言葉を口にする存在でもあるのだ」。以下、有名な一文です。」と!古びた同じ本を差し出してくれました。お勧めの一冊です。悪名高きアウシュビッツ収容所。自身が体験した第二次大戦中の強制収容所のことを書いた本です。この「夜と霧」が時代を超えて人を引きつけるのは!ただ単に「強制収容所の告発」ではなく!「人生とは何か」を示している作品だからです。記録写真も載っておらず、不気味な印象の本書であったが、「人間の内面の世界」「心の置き方」が語られている。「読んでおくとターミナル看護とは何なのか、自分の看護観がはっきりすると思う。心理・教育・医療分野で参考図書に推薦されている本です。新訳の理解度が高まります。心理学者が第二次世界大戦時の強制収容所での体験を書いた名著です。旧訳は読みづらい部分や!理解が困難な部分もありますが!ぜひ!旧訳から読むことをお勧めします。ハードカバーですが、訳がとてもよく、読みやすい本です。人間の偉大と悲惨を描いた本書は世界的なロングセラーとして現在でも多くの人に読まれています。語弊があるかもしれませんが、どんな状況に置かれても、その時、そして最後に必要としなければならないのは何か。テレビで見て購入しました。背景を抜きにすれば、実は人生に力を与えてくれる本だと思う。あたりまえですが、読む人により「この本の現在の自身にとっての意味」は、異なります。第2次世界大戦でアウシュビッツ強制収容所に入った医者!心理学者の実録です。私自身、日々生きることが苦しい人間なので。レビューを参考に!旧訳と新訳の両方を購入し旧訳から読みました。著者は心理学者で「ロゴセラピー」の創始者です。また、「今」の自己の存在、位置、意味を考えているひとも、読んでみてください。簡潔な!飾り気のない訳。そういう次元のほんではありません。死を目前にした患者さんと向き合う時、「生きていても仕方がない」と悲観にくれる患者さんには表面的なただの慰めなんて通用しない。生きることが苦しい人に読んでもらいたい本です。看護学生です。世界の名著ってことでしたがNHKで紹介されるまで全く知らなかった。NHKテレビで紹介された本です。決して希望を失わなかった主人公に感動しました。その渦中に置かれる人間の心理はどのように変化し!自分自身と置かれた環境とにどのように折り合いをつけたのでしょうか?悲惨なレポートでしたが読後感は良かったです。内容は、中学生にはどうかと思ったのですが、とても興味深く読んだようで、いろいろなことを考えさせられたようです。私も暗い内容のものは敬遠していたのですが!娘につられて読んでみると!暗い内容にもかかわらず気が滅入らずに読めました。人間・人生を考えさせられます。フランクルは「人生はどんな状況でも意味がある!」と考え、「生きがい」が見つからずに悩む私たちに「意味」を教えてくれました。(あしからず、この本の価値についての考察はしません。旧訳に比べると資料編や注釈など省略されている部分があるそうですが!こうした類の本にしてはすんなり読めると思います。よめに頼まれて購入。)■パソコンとケータイ!両方でお買い物すると!全店ポイント3倍のチャンス!ということで!「夜と霧・新版 2002年11月 発売 ヴィクトル・エミール・フランクル 池田香代子 みすず書房 1,575円(税込)送料無料」を購入しました。なんだか自分が小さな事ばかりで悩んでいたなあと痛感させられる作品でした。ただ!これを読んだからハッピーになれるとかそういうわけではないです。収容所を人間の人生として比べていいものか分かりませんが!逆にそれらの背景に固執し過ぎず!ある程度の自分なりの解釈が持てれば!もう一度「人生」を考えることが出来る本です。人間が!ここまで残酷なことが出来るのかと言う驚きと!この極限状態の中に置かれた主人公が!いかに人間らしく!暖かい感情を失わずにいられたのか?わずかな食料と厳しい強制労働の続く絶望の日々の中で!仲間と夕焼けの美しさに見とれるシーンには涙しました。「人間とはなにかをつねに決定する存在だ。「いい人は帰ってこなかった」など一見するとあれっと感じる表現があちこち出てきますが、極限下での人々の行動の記述などを通じて体の中にすとんと落ちる感覚を覚えます。「夜と霧」を先の見えない今の時代に!「人生とは何か!」として改めて考えてみました。心に染み入る言葉に出会えます。戦争ものもそうですが対応を誤ると死が直結しており!日常の強制労働!飢えとの戦いの中でも!本当に大事な部分はなにかということを教えていただきました。そのことを思い知らされました。人の心の弱さや強さ、高貴さ、自由であることが綴られています。世界的に有名なアウシュビッツとその他の強制収容所、極限の悪を人間が同じ人間に行ったことは広く知られています。一読されるとよいでしょう。名著と呼ばれるにはそれなりの理由がある。現在とは!時代背景が違うが!今自分が生きている事の幸せに感謝です。彼の言葉には、不安な「現代」を生きる今の私たちにとって、良き指針となります。「そんなときブレずに患者さんに寄り添える自分」でありたくて、信頼する先輩看護師でもある講師に教えてもらったのがこの本でした。色々思い悩んでる方は是非読んでいただきたいです。私と同じようになんてすばらしい時代に生きているんだと感謝したくなるでしょう。